制汗剤を使ってたら、おませと言われた高校生時代



【スポンサードリンク】


制汗剤っていつ頃から使い始めましたか?私は中学生の頃から脇の下に制汗剤を塗るのは毎日の日課になっていましたが、高校生の体育の時間に制汗剤を塗っていたら友達におませだと言われ、ちょっと恥ずかしかったのを覚えています。

母が買ってきてくれた制汗剤

中学生になったころ、母が制汗剤を買ってきてくれました。母は自分が脇汗が臭う体質であるということは特別なことだとは認識していなかったようですが、それでも脇汗はある程度の年齢になると誰でも臭うもので、その頃から制汗剤は使うべきものだと思っていたようです。



【スポンサードリンク】


だから、私が脇汗が臭うくらいの年頃になったので、当然なこととして制汗剤を買ってきてくれました。私は母が買ってきてくれた制汗剤を受け取って、当時はまだ脇汗の臭いとか気にしたことはありませんでしたが、こういうのを塗るのが普通のことなんだと思って自然と制汗剤を塗ることが習慣化されていきました。

初めて使った制汗剤は、瓶にボールがついていてコロコロ塗るロールオンタイプのものでした。瓶の中には液体の制汗剤が入っていて、ボールを肌にあててコロコロさせると中の制汗剤が肌に塗られていきます。

最初の頃は無香料のものを塗っていました。それから使い切って新しいものを買うときに、香料付きの制汗剤も試してみました。あまりキツイ臭いのものは好まなかったので、中でも自然で清潔感のあるせっけんの香りは割とお気に入りでした。



【スポンサードリンク】


でも脇汗の臭いが気になり始めてから、再び無香料のものへと戻っていきました。脇汗の臭いが気になり始めたのがいつ頃かははっきり覚えていませんが、脇毛の処理をする必要が出て来た頃からだったと思います。

脇汗の臭いが気になり制汗剤を携帯

成長とともに、ますます脇汗の臭いが気になるようになり、だんだんと脇汗のツーンとした臭いを感じる頻度も高まってきました。

高校生になる頃には、通学バックに制汗剤を携帯するようになっていました。その頃には、ロールオンタイプの液体制汗剤ではなく、固形クリームを脇にこすりつけて塗るタイプのものを愛用するようになっていました。

液体の制汗剤は塗りやすくてお手軽ですが、脇汗とともにすぐに流れ落ちて効果が持続しない気がしたので、固形タイプを使うようになっていました。

その固形タイプの制汗剤を、高校生の体育の着替えの時間に脇の下に塗っていると、友達が「ちゃんとケアして、おませだね。」と言ってきました。

内心、普通のことなんじゃないの?と思いましたが、確かにスプレーの制汗剤を体育着や制服のYシャツの中にシューッとやってささっと制汗対策を済ませている子はいても、私みたいに結構ガチで制汗剤を脇の下に塗っている子は見当たりませんでした。

それからと言うものは、制汗剤を塗るのが恥ずかしくなって、脇汗の臭いが気になるときはカバンから制汗剤だけ取り出してトイレに行き、個室でこっそりと塗るようになりました。



【スポンサードリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です